ネットワーク監視の必要性と監視内容について

昨今のネットワークインフラの重要性

現在のIT社会において企業が抱える情報システムのネットワークとても重要なインフラであり、ネットワークが例え一時的でもに中断してしまった場合における企業ダメージは相当大きなものとなります。

このような問題を起こさないために、ネットワークが正常に通信しているか、パケットが適性に流れているかを確認するネットワーク監視サービス必要性が急速に高まってきておりますが、どのようなサービスを利用したらいいのか、という点について細かくわからないという方のために基本的なポイントをまとめましたので参考にしてもらえれば幸いです。

ネットワークの監視ポイントを大きく2つ!

ネットワーク監視では大きく分けて2つのポイントを確認する必要があり、1つ目がネットワークが通信しているか、2つ目がレスポンスが悪化していないか、です。1つ目のポイントですが、ネットワークはとにかく通信していることが大切ですので、通信していることを確認するために定期的に通信を発生させて通信が通るかどうかでネットワークが生きているかを確認する行為を行います。次に2つ目ですが、レスポンスの悪化が発生していないかどうかは1つ目と同様に通信を発生させるところまでは一緒ですが、そのリクエストが返ってくるまでの時間が適正範囲内かを確認します。この2つポイントを確認すれば最低限、ネットワークが今正しく稼動しているかを確認することができますが、厳密に言うと最近ではこれだけでは足りず、不正や悪意のある通信を監視する必要もあるのが現状です。

コンフィグ管理とは、サーバーやOSやネットワーク機器などの設定値を管理することを言います。分散して設置される各機器の設定値をデータベースなどで一元管理し、メンテナンス性を高めます。