ホームページの隅々まで読んでくれるユーザーを増やすデザインの方法

伝えたい情報をきちんと紹介する

自分が作ったホームページのトップページやランディングページやバナーがしっくりこないと感じるのは、デザインの基本が頭に入っていない可能性が高いです。自分の感覚だけを頼りになんとなく記事を並べたり、カラーを変えたりしてもユーザーから評価されるページを作るのは難しいです。見栄えの良いおしゃれなランディングページを作ることで、紹介したいアイテムを買ってくれるユーザーが増えます。いきなりプロっぽいデザインができなくても、見にきてくれたユーザーを不快にさせない、伝えたい情報をきちんと紹介できるページを完成させる為のコツをしっかり身に付けることが肝心です。初心者でも基本的なタグの種類を覚えて的確な場所にタグを配置すれば失敗しないでホームページを作れます。

オリジナルな画像を用いる

きちんとしたデザインにしておくと、ホームページの下の方まで読んでくれるユーザーを獲得できます。なるべく多くのユーザーにページの下のところまで読んでもらえるようにするためのいいアイデアがあるんですよ。例えば、文字が入った画像を利用してユーザーに興味を持ってもらう方法があります。やはり、オリジナルな画像を用いていない、文字ばかりのホームページは、好奇心を持って来てくれたユーザーの興味を失わせてしまいます。そのため、オリジナルな画像を記事の上や途中の部分の位置に配置すると、ユーザーの関心が自然と画像の部分に移ります。また、画像はフリーのものでなく文字が入ったものなどオリジナルなもの方がいいです。

レスポンシブデザインとは、webページのデザインや動作を画面サイズの異なる複数の機器で最適化し調整する制作方法です。