誹謗中傷記事などを掲載された時の対処方法

管理運営者に削除依頼

自信を誹謗中傷するような内容をホームページやブログ等に掲載された場合は運営者に削除依頼する事で削除させる事ができます。もし運営者が連絡を取る為の連絡先を記載していなかったり、削除依頼に応じない場合は法的な手段を取る事もできます。もし誹謗中傷によって何らかの損失を被った場合はその賠償を管理者に請求する事もできます。

ブログやホームページのサービスを利用している場合

運営者本人が削除依頼に対応しなかった場合でもホームページやブログのサービスを利用して作られている場合はそのサービスの運営元に削除依頼をする事でサービスの提供元から運営者に削除を指示したり、ホームページやブログそのものを削除させる事も可能です。少しでも早く削除をさせるにはサービスの提供元を通して削除させるより運営者本人に削除させた方が早いので運営者本人に削除依頼をして応じなかった場合にサービスの提供元にかけあう方が良いです。

運営者本人の書き込みでなくても

ブログには運営者本人ではなく閲覧者が自由に書き込みを行えるコメント覧などが設置されている場合が多いです。そこに書き込まれる内容は運営者本人が書いたものでない場合もあります。しかし管理をして書き込まれた内容に対して責任を負うのはあくまで運営者であるので誹謗中傷する内容を書いたのが運営者本人でなくても削除依頼をする事は可能です。法的にも閲覧者の書き込みの責任はそのウェブサイトの管理者にあるので管理者が自分が書いた内容ではないと主張しても認められる事はありません。

サジェスト対策は他社ができないようなことでも最安値で提供してくれることがたくさんあるので会社によって値段が大きく変わります。