ネットでの誹謗中傷対策として最初にやるべきことは

中傷が書き込まれたサービスの運営者に削除依頼を行う

個人や会社の名前とともに誹謗中傷が書き添えられている書き込みがネット上にいくつかあるという場合、どういった対策が可能でしょうか。やはり、削除依頼を出すのがメインの対策といえます。中傷を行っている人が自身でサーバーを借り、ウェブサイトを作っているのではなく、レンタルブログやSNS上を使っている場合、サービスの運営元に「中傷されているので該当する記事を削除してほしい」というメールを送るのです。その場合の流れですが、メールを受け取った運営者はサービス利用者、つまり中傷を書き込んでいる人に対して「こういった依頼を受けましたので削除に応じてください」というメッセージを送付します。あまり深く考えず、ノリで中傷を行ったという人であればその段階ですぐに削除する可能性が高いです。

削除依頼に応じなかったらアクセスログを求めよう

しかし、対象に深い恨みを抱いている場合、運営者から削除依頼が届いても応じないことがあり得ます。その場合、運営者が該当する記事を強制的に削除することもありますが、なにもしないケースも珍しくありません。では、削除依頼を出しても中傷の書き込みが削除されない場合はどうすればいいのかというと、運営者に中傷を書いた人のアクセスログを提供するように求めましょう。アクセスログには何時何分、このIPアドレスからこのファイルにアクセスして、投稿を行ったという風な記録が書き込まれています。アクセスログを入手すれば、中傷の書き込みを行ったのは、このIPアドレスの人物であるという証拠になりますし、また、中傷した人物が利用しているプロバイダがわかるので、プロバイダに対して「このIPアドレスの人物はどこの誰なのか」という情報請求が可能になります。

誹謗中傷対策に関しては、きちんと違法行為であると明記し、ひどい場合は通報すると警告することが必要です。