スマホの中にある個人情報を守るための対処

画面ロックをかけて他人に中身を見られないようにする

スマートフォンは個人情報の塊といえる機械です。では、そのプライバシー情報を守るために、どういった管理を行えばいいでしょうか。まず、必ず画面ロックをオンにしておきましょう。そうすれば、パスワードを入力したり、あるいは画面に表示された複数のドットを、決められた順番でなぞっていかないと端末にアクセスできなくなるので、落としたり盗まれたときに情報を盗み見される可能性を低くできます。

次に、不正なアプリをインストールしないよう注意しましょう。不正なアプリとはどのようなものかというと、たとえば、インストールされると端末に記録されている画像や住所録データなどをアプリ制作者が運営しているサーバーにアップロードしてしまうといった機能があるものです。

スマホを落としたら遠隔操作で初期化する

アプリが画像や住所録にアクセスすること自体は不正とはいえませんが、アプリの動作とはまったく関係ないのに、スマホの中のデータをアップロードしてしまうのは不正です。こういったアプリは公式マーケットでも配布される可能性があるので注意しなければなりません。特に注意したいのは、マーケットに登録されたばかりのアプリです。なので、そういったアプリはある程度レビューが集まってからインストールするようにしましょう。

もし、スマホを落としたり、盗まれてしまった場合ですが、PC経由で信号を送り、スマホを初期化させることが可能です。その時点で端末の中身を見られていなければデータの流出を防げます。よって、確実に人手に渡ってしまったと判断したら、とりあえず初期化してしまうのも一つの手です。

シュレッダーは主に企業の機密文書などを廃棄する際に、紙を細かく砕いて内容を読み取れなくなく位に廃棄して、情報漏洩等を防ぐ効果があります。